“緩斜面”の読み方と例文
読み方割合
くわんしやめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同月二十三には玄川子へて四つた。今度は、小徑左方緩斜面芋畑である。
右端玄子。それから。それから幻翁。それから左端望生。これで緩斜面りつゝ押登らうといふ陣立
一寸である。遺跡いが、先年、チヤンバーレン大發掘みたとかで、畑地斷念して、臺地北側荒地緩斜面に四つた。