“緩傾斜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんけいしゃ50.0%
くわんけいしや50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論もちろん水が出たとて大事にはなりますまいが、此地ここの渓川の奥入おくいりは恐ろしい広い緩傾斜かんけいしゃの高原なのです。
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
勿論水が出たとて大事にはなりますまいが、此地こゝの渓川の奥入おくいりは恐ろしい広い緩傾斜くわんけいしやの高原なのです。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)