“箱番所”の読み方と例文
読み方割合
はこばんしよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
箱番所の者共よりさせける是則ち天一坊の御座所とへて斯の如く嚴重へしなり又天忠は兩人の下男に云付る樣は天一坊御事は是迄は世を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
着し座す其形勢いと嚴重にして先本堂には紫縮緬く十六の染出せしを張り渡し表門には木綿地に白ととの三を染出したる幕を惣門の内には箱番所
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見合せ追て申達すべしとの返翰なり斯樣に江戸表より粗略にすべからずとのなれば御城代の下知としてに天一坊の旅官を前後左右に竹矢來を結び前後に箱番所
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)