“秘法”のいろいろな読み方と例文
旧字:祕法
読み方割合
ひほう75.0%
ひはふ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この鑑別のできる植木屋さんはごくわずかで、その人たちが家の秘法にして他へもらさないことにしてあるので、植木屋仲間でも
水遁秘法をもちいて、泉殿をわたり、いつのまにか、晴季やたちのいるのどこかにびこんでいたのだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
も、家伝秘法ふて、勿体けるでねえがね……祖父からを、やう見真似るでがすよ。」
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)