“真葛”のいろいろな読み方と例文
旧字:眞葛
読み方割合
まくず87.5%
まくづ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、山の方に上がってゆく静かな細い通りを歩いて、約束の、真葛のある茶亭の入口のところに来てしばらく待っていた。
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
真葛女郎花が咲いた。すらすらとを抜けて、ある高き身に、秋風をよくけて通す心細さを、秋は時雨て冬になる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
京都の真葛西行庵に小文さんといふ風流人がゐる。セルロイド製のやうな、つるつるした頭をした男で、そしてまたセルロイド製のやうに年中から/\笑つて暮してゐる。