“爪下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つまさが50.0%
つました50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“爪下”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
庭だか菜園だか分らないものが、軒から爪下つまさがりに向うの垣根まで続いています。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ちよろ/\とだけのながれながら、堤防どてひかへず地續ぢつゞきに、諏訪湖すはこひとひかへたれば、爪下つました大湖たいこみづしのぎをせめて、をはいで、じり/\とせまるがごとおもはるゝ。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)