“有利”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“有利”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もし此手段このしゆだん實行上じつこうじようともな犧牲ぎせいがあるならば、それを考慮こうりよすることも必要ひつようであるけれども、何等なんら犧牲ぎせいがないのみならず、火災防止かさいぼうしといふもつと有利ゆうり條件じようけんともなふのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
みづもちひてはかへつてくない場合ばあひ後廻あとまはしにして、みづもちひて差支さしつかへない場合ばあひ、もしくは有利ゆうり場合ばあひおいて、みづのあるなしによつて如何いかこれ處置しよちするかをべてたい。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)