“掛小屋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かけごや75.0%
かけこや25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“掛小屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鼓村氏は天国といふ所は猿芝居の掛小屋かけごやのやうなものだなと思つた。で、今度は内証事ないしようごとのやうに声を低めて訊いた。
すると、樫の棒を持った番人が銅羅声どらごえをあげて、掛小屋かけごやの中から走り出て来る。
浮動する地価 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
五六軒ごろくけん藁屋わらやならび、なかにも浅間あさま掛小屋かけこやのやうな小店こみせけて、あなから商売しやうばいをするやうにばあさんが一人ひとりそとかしてた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)