“振動”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふりうご66.7%
しんどう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“振動”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
火は附いていないから、火傷やけどはさせぬが、夢中で取られまいと振動ふりうごかす、小児こどもは手を出す、飛車をげる。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
歩行あるくに連れて、烏の形動きまとふを見て、次第に疑惑うたがいを増し、手を挙ぐれば、烏も同じく挙げ、そで振動ふりうごかせば、ひとしく振動かし、足を爪立つまだつれば爪立ち、しゃがめば踞むをすかながめて、今はしも激しく恐怖し、あわただしく駈出かけいだす。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
床上しようじよう振動しんどう地面ぢめんのものゝ三割さんわりしなることが普通ふつうであるけれども
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
此際このさいきゆう振動しんどうをなす波動はどうみちすがら其勢力そのせいりよくもつとすみやかに減殺げんさいされるから
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)