“恐怖心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きようふしん66.7%
きょうふしん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
反目してるだけならばしくれてた。從來てなかつた卯平行爲めて恐怖心いたのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かくして最初一分間たならば、最早不安ふべき何物さないはずであるが、これに今一解説して必要のあるものは、地割れにしてれる恐怖心である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
病気から出ている恐怖心だと思っていたのだ。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)