“彼:あん” の例文
“彼:あん”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝3
国木田独歩1
“彼:あん”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸6.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
紋「じゃがなんじゃの、何故なぜ兄様あにいさまあんな奴を愛して側近く置くかの、あれはいかん奴じゃ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
正「花魁が何んであんなお客に惚れましょう、私は大嫌い、あの屁っぴり侍の屁ッチョロな、のくらいいやなお客は有りません、あの屁っぴり侍」
鐵「だから云わねえ事じゃアねえ、先方むこうあんな姿で来たって八州の隠密だよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
『アラあんな事を。相変あひかはらず口が悪いのね。』
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
花「振袖物はみんあんなに長うございます」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)