“年倍”の読み方と例文
読み方割合
としばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、いまの若いのの声に浮かれた調子で、渋黒くニヤ/\と笑つて、あとに立つたのが、のそ/\と出たのは、一と、かんてらをぶら下げた年倍な船頭である。
光籃 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
る所なり不審に思はれなばくは龜屋にて尋ね給へといふにぞ中にも年倍の男が進出ぬるは此人に相違なしも駕籠の種々とお世話けなしと一は我々仔細有て其女中を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
年倍なる兀頭は、のついた蝦蟇口突込んだ、布袋腹に、のあからさまな前はだけで、土地で売る雪を切った氷を、手拭にくるんで南瓜かぶりに、を締めて、やっぱり洋傘
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)