“小綬鶏”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こじゅけい50.0%
こじゆけい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小綬鶏”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
南の正面には高い松の木が二本あって、春は黒鶫くろつぐみ小綬鶏こじゅけいが来ていた。
小綬鶏こじゆけいの群れつつつぐむ雑木原冬は日すぢの目に立たずして
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)