“圖太”の読み方と例文
新字:図太
読み方割合
づぶと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君の今度の歌は、なんだか細々しく痩せて、少ししやがれた小女のこゑを聞くやうである。僕はもつと圖太いこゑがいいやうに思ふ。
釈迢空に与ふ (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
鹽花こそふらねは一まづして、若旦那退散のよろこび、しけれどければらぬは上々なり、うすればのやうに圖太くなられるか
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あゝくお辭義をしてつてた、これは鬼姉さんがれたのとふ、顏色をかへて圖太めがれほどのんでだいぢめりぬとふか
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)