“名門”の読み方と例文
読み方割合
めいもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ても角ても叶はぬ命ならば、御所のにして、魚山夜嵐を吹かせてこそ、りてもしき天晴名門末路なれ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
沙車に、須利耶圭という人がございました。名門ではございましたそうですが、おちぶれてさまと二人、ご自分はからの写経をなさり、奥さまはって、しずかにくらしていられました。
雁の童子 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
野分しば/\して、られぬの、く——インキのの、じつと新聞に——名門のおさん、洋画家夫人なれば——衣絵さんの(もう帰京してた)重態
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)