“吉事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きちじ37.5%
きつじ25.0%
よきこと25.0%
よごと12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中「存外御無沙汰今日は思いも掛けない吉事で、早く知らせようと思って、重野叔父悦んで居りました」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
るからに執念の留まれるゆゑにや、常にはせる無きも、後住なる旗野の家に吉事あるに、啾々たる婦人泣声、不開室の内に聞えて、不祥ある時は、さも心地好げに笑ひしとかや。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
こそは吉事凶事のいつぐべき世の中の道なるをもつて、さやうには推し量り知られることでござる。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
あらたしきめの初春今日のいや吉事 〔巻二十・四五一六〕 大伴家持
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)