“北多摩”の読み方と例文
読み方割合
きたたま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
侠党の人々が、御岳のすそ、北多摩のふもとから青毛月毛黒鹿毛馬首をならべて、のすすきのをうつ秋の武蔵野を西へさしてったのは、その翌々日のことであった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
余等が帝劇のハムレットに喜憂いで居る間に、北多摩では地が真白になる程雹が降った。余が畑の小麦も大分こぼれた。隣字では、麦はがなくなり、蔬菜も青い物全滅惨状うた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「このへんは、北多摩郡なんだよ。」
妖星人R (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)