“劇:ひど” の例文
“劇:ひど”を含む作品の著者(上位)作品数
田山花袋1
三遊亭円朝1
尾崎紅葉1
泉鏡花1
“劇:ひど”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「また寝そべつたか、困るだなア、われ、余りひど虐使こきつかふでねえか」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
「こりゃひどい!」と眉をひそめて四辺あたりみまわせり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「どんなです、新聞には余程ひどいやうに出てゐましたが」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「それは好くない。ひどく痛みでもするかな」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
イヤうにもうにもじつ華族くわぞくのお医者いしやなどかゝるべきものではない、無闇むやみにアノ小さな柊揆さいづちでコツコツ胸をたゝいたりなんかして加之おまけひどい薬をましたもんだから、昨夜ゆうべうも七十六たびかはやかよつたよ。
華族のお医者 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
PR