“別号”の読み方と例文
読み方割合
べつがう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葵亭翁は蒲原郡加茂明神の修験宮本院名は義方吐醋し、又無方斎別号す、隠居して葵亭といふ。和漢博識北越の聞人なり。芭蕉がの句ものに見えざればしるせり。
硯友社つたにては、山田美妙其頃別号樵耕蛙船ひました)と懇意つたのが、動機でありますから、一寸交際大要申上げて置く必要が有る
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
葵亭翁は蒲原郡加茂明神の修験宮本院名は義方吐醋し、又無方斎別号す、隠居して葵亭といふ。和漢博識北越の聞人なり。芭蕉がの句ものに見えざればしるせり。