“九九九”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くうくうくう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“九九九”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
會員くわいゐん各自かくじ九九九くうくうくうつぶそろへて、屹度きつと持參ぢさんこと
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……ついあひだとんさんにつて、はなしると、十圓じふゑんおどかすより九九九くうくうくうはうが、音〆ねじめ……はいきぎる……耳觸みゝざはりがやはらかで安易あんいい。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)