“リズム”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
律動46.5%
韻律16.3%
節奏14.0%
音律7.0%
旋律4.7%
律調2.3%
拍節2.3%
調子2.3%
階律2.3%
音樂2.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水のささやきは彼女の夢想をゆすり、彼女は知らず知らずに、自分の歩みの律動リズムを小川の歌に合わしてゆく。
音楽は彼女にとって、音と律動リズムと調子との連続であって、彼女はそれを正確に聴き取りまたは暗誦してるのみだった。
即ち、現実のイメエジは、彼の心眼に、ある姿態ポオズを映すよりも寧ろ、ある「韻律リズム」を響かせて流れすぎるのである。
『赤鬼』の作者阪中正夫君 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
それはつまり、思想が常に感情によつて裏づけられ、その感情が常に一つの心理的韻律リズムとなつて流動することである。
舞台の言葉 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
彼等は自由詩の標語たる「心内の節奏リズムと言葉の節奏リズムとの一致」を以て、單に「實感の如實的な再現」と解してゐる。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
話声と笑声が車道の馬の蹄に和して一種の節奏リズムを作り、空気に飽和してゐる香水パルフエンの香と不思議な諧調をなして愉快に聞える。
珈琲店より (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)
少しの間でも、自分のステツプが一人前らしくなだらかに行くと、何だか天地の音律リズムと合致したやうな、一種の愉悦の念を覚えて来た。
私の社交ダンス (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
そのやわらかな音律リズムは、人ひとりいるとも見えぬその家々の軒を、格子を、ノックするように流れていった。
地図にない街 (新字新仮名) / 橋本五郎(著)
かつて聞いた事のない唱歌のような読経どきょうのような、ゆるやかな旋律リズムが聞こえているが何をしているか外からは見えない。
高原 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そして其処で僕は、はからずも、あの素晴しい足跡の中に、昨日それを見た時には全く単に荒々しい争いの跡でしかなかったその足跡の、いや靴跡の中に、どうだい、よく見ると、なにかしら或るひとつの、旋律リズム——と言った様なものがあるじゃないか。僕は思わず声を上げた。そして、そう思って見れば見る程、その事実は、益々ハッキリして来る。
花束の虫 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
しかれども人や遂にむなしくその事を伝へて今日に到れるあひだ、歳月は一様の律調リズムを刻むといふものから、なほ時と代とによりて、その声の高低なくばあらざりき。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
辞書の正解する、言語通りの意味の韻文とは、一定の法則されたミーターやスタンザを持ったところの拍節リズムの正規的な形式文学を指すのである。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
こゝは製罐部のような小刻こきざみな、一定の調子リズムをもった音響でなしに、図太い、グヮン/\した音響が細い鋭い音響と入り交り、汽槌スチーム・ハンマーのドズッ、ドズッ! という地響きと鉄敷かなじきの上の疳高く張り上がった音が縫って……ごっちゃになり、一つになり、工場全体が轟々ごうごうと唸りかえっていた。
工場細胞 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
思わず視線をすべらして下を向くと、世の中は依然として夏の光の中に眠った様で、波は相変らずちゃぶりちゃぶりと長閑な階律リズムを刻んで居る。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
海は依然として、ちゃぶりちゃぶりと階律リズムを合せて居る。ヤコフ・イリイッチはもう一度イフヒムを振り返って見ながら、押しつぶした儘の声で、
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
私は、やがて、音樂リズムに嵐を忘れてしまつた。