“テンポ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:てんぽ
語句割合
拍子20.0%
拍節20.0%
20.0%
20.0%
速度20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日我我のいふ韻律の語意は實に「拍子テンポ」と「旋律メロヂイ」の兩屬性を包括する概念、即ち「言葉の音樂それ自體」を指すのである。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
よつてまた音韻以外、およそ言葉のもつありとあらゆる屬性——調子トーンや、拍節テンポや、色調ニユアンスや、氣分ムードや、觀念イデア——を綜合的に利用する。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
此の序・破・急は、一面から見ればテンポの速さの原則であり、また他の一面から見れば、表現の密度の原則である。
演出 (新字旧仮名) / 野上豊一郎(著)
三回ばかりテンポを早めて書こう。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その有様を、法水は異常な冷やかさで見やりながら云い続けたが、その態度には、相変らず計測的なものが現われていて、彼は自分のことば速度テンポに、周到な注意を払っているらしい。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)