“オレンジいろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
橙色66.7%
橙黄色33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それは何でござんすね。」と、叔母はうす橙色オレンジいろのそのコップを遠くからすかして見た。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
つち眞白まつしろかわいた橘鮨たちばなずしまへを……うす橙色オレンジいろ涼傘ひがさ——たばがみのかみさんには似合にあはないが
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
僕等は馬車を駆つて見物して廻つたが、途上の所見を少し並べて云ふと、土の色が概して印度黄インヂアンエロウもしくは輝紅ライトレツドを呈し、其れが雨水うすゐに溶解すれば美しい橙黄色オレンジいろ水溜みづたまりが出来る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)