“やまが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
山家91.7%
山鹿6.5%
山狩1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山家あたりにむものが、邸中座敷までつともなくるのにじて、大峰葛城つた知音山伏んでると
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
正勝は熊本へ行くのに、筑前國遠賀山鹿を過ぎるので、丁度下國したばかりの忠之は、福岡から迎接の使者を出した。正使は十太夫で、副使は黒田市兵衞である。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
れも弓矢え、って、へんなぎで出掛けたものでございます。武人ではないのですが、それでも山狩りがよりの道楽なのでした。