“まっち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マッチ
語句割合
燐寸62.5%
燐燧6.3%
寸燐6.3%
待乳6.3%
燐燵6.3%
6.3%
真乳6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊肉を煮込んで、それを燐寸まっちの小箱ほどの大きさに切り、それに濃い香羹こうかんがかけてある。
香熊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
余は何時いつとも無く不審を起し目科とはも何者にやと疑いたり、もとより室と室、隣同士の事とて或は燐寸まっちを貸し或は小刀ないふを借るぐらいの交際つきあいは有り
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
彼等は燐寸まっちをすって賊の残した衣類を調べた。そこには書類も紙入かみいれもなく、ただ一ツ一枚の名刺があった。そこには怪賊アルセーヌ・ルパンの名が記されてあった。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
二度目の燐燧まっちで照らし見ると、居なくなったのではなく、余の寝た寝台の上に寝て居るのだ、此の様な境遇を爾まで辛くも思わぬ、其の眠りの安々と心地好げに見ゆることは、ホンに羨ましいと云っても宜い。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
砂糖水をもりたる硝盃こっぷ其儘そのまゝにして又其横手には昨日の毎夕新聞一枚とほか寸燐まっちの箱一個あり、小棚の隅に置きたる燭台は其蝋燭既に燃尽もえつくせしかど定めし此犯罪を照したるものならん
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
深川富岡門前に待乳まっち屋と謂って三味線さみせん屋があり、その一人娘で菊枝という十六になるのが、秋も末方の日が暮れてから、つい近所の不動の縁日にまいるといって出たのが、十時半過ぎ、かれこれ十一時に近く、戸外おもて人通ひとどおりもまばらになって、まだ帰って来なかった。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が余は幽霊などを信じ得ぬ教育を受けた男ゆえ、自分の目の所為とは思ったけれど念の為燐燵まっちを手探りに捜し、火を摺って見た、能くは見えぬが何も居ぬらしい、唯燐燵の消え掛った時に壁の中程に在る画板ぱねるの間から人の手の様な者が出て居るかと思った
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
れから車を沼のへりまで引き込み、の荷をおろし、二人で差担さしかつぎにして、沼辺ぬまべり泥濘道ぬかるみみちを踏み分け、よしあし茂るかげえまして、車夫は心得て居りますから、枯枝かれえだなどを掻き集め、まっちで火を移しますると、ぽっ/\と燃え上る。
品川沖の姪の影、真乳まっちわたし朧蓑おぼろみの鰻掻うなぎかき蝮笊まむしざる
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)