“にんず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
人数82.8%
人數14.1%
人勢2.0%
人衆1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やっぱりみんなを下ろすが早いか女のところへ上陸したに相違ない。ガルシア・モレノ号は僕の前にたったこれだけの人数だった。
おゝい、おゝい、母屋へる人數には、たゞ一枚なる睡蓮に、うつくしきありて、すら/\とりきとか。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
漸次人勢えてきな内側かれた。太鼓倦怠れば
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
朝、幸村の物見の者、馳帰って、旗三四十本、人衆二三万許り、国府越より此方へ踰来り候と告げた。これ伊達政宗の軍兵であった。が、幸村静に、障子にりかかったまま、左あらんとのみ言った。
真田幸村 (新字新仮名) / 菊池寛(著)