“だいぢやうぶ”の漢字の書き方と例文
語句割合
大丈夫100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあ大丈夫だいぢやうぶだらうつて病人びやうにんへだけはいつてたらいゝでせう」醫者いしや耳語さゝやいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
大丈夫だいぢやうぶよ——かみゆひさんは、きれいずきで、それは消毒せうどくはひつてるんですから。」
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)