“たるみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
垂水64.7%
垂味11.8%
足海5.9%
多留美5.9%
垂見5.9%
5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
図566は鹿児島の向うの桜島山の輪郭を、鹿児島の南八マイル、湾の西岸にある垂水〔大隅の垂水ならばこの記述は誤である。
それも丹念に塗りたくって、根気任せにり上げた眼玉ではない。一刷毛に輪廓をいて、眉との間に自然の影が出来る。下瞼垂味が見える。取る年が集って目尻を引張る波足が浮く。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ここから南北の嶺道は、嶺ながらね平らだった。余吾西岸の足海、茂山のあたりまで、ほとんどゆるい傾斜をもった降りである。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「事態は急変。おにも、飯浦坂の堀切を捨て、早々、峰道を西へとり川並、足海峠のあたりまで、一気に兵を退げられよ」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南の国の多留美という湖の底に沈んでおりますが、その中で宝蛇は、貴方方四人が一人の藍丸国王となって、初めてこの国に御出で遊ばしたその最初の御慰みに、世にも美しい怜悧
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
数ある中で名も高い、多留美と呼ばるる湖は
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
また丸邇の臣の祖、日子國意祁都の命が妹、意祁都比賣の命に娶ひて、生みませる御子、日子坐の王一柱。また葛城垂見の宿禰が女、比賣に娶ひて生みませる御子、建豐波豆羅和氣の王一柱。
(体)………………
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)