“そもそも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソモソモ
語句割合
抑々65.5%
16.4%
抑〻12.9%
1.7%
仰々1.7%
0.9%
初頭0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殺人罪といったような不道徳を怪人が解せなかったのも、抑々植物には情感のないことを考えてみてもよく判ることではないか。……
科学時潮 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
貴様は、風を引かないのを得意として居るけれ共、、世人皆風邪を引かざる時は、風邪薬屋は如何せんだ。貴様はドダイ個人主義だからだめだ。
俺の記 (新字旧仮名) / 尾崎放哉(著)
反射運動みたいな習性、才気ある女云々、そうとり出して読むと何かおどろかれるようですが、私はこの頃ペニイのこと抑〻からね、こう考えるのです。
今後の日本では誰が、かう云ふ性格を造り出すであろう。(一月十三日)
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
と云うのは、はじめは気がつきませんでしたが、まあ云えば私自身そんな視線を捜しているという工合なのです。何気ない眼附きをしようなど思うのが抑の苦しむもとです。
橡の花 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
基督教の信条たる全人類的意識が吾人に現れ始めた初頭から、かの固陋偏狭なる民族主義は渙然として解体し去るべきであるのに、何事ぞそのままに推移して十八世紀の末に至り
永久平和の先決問題 (新字新仮名) / 大隈重信(著)