“ざんじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
暫時98.2%
漸次1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「運座では、お戻りの遅いはず。ご主人のお帰りなさる間、こうしておるも所在ない。お仏壇へ暫時誦経をおゆるし下さるまいか」
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雪吹にたる時は雪を身を其内にれば雪暫時につもり、雪中はかへつてなる気味ありて気息し死をまぬがるゝ事あり。
従来非常にたくさんなこのユリ根が外国に輸出せられたが、これからも漸次にその盛況を見るに至るであろう。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
現に稍々大なる石材きて漸次目的形状とせしむるを得るなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
子房がまだ若いときは(左側中央の図)、その各室内にまだ毛は生じていないが、花が終わって後子房が日増しに大きくなるにつれ、漸次にその外方の内壁から毛が生じ始める。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)