“さいち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
采地33.3%
細緻29.2%
才智20.8%
才知4.2%
斎地4.2%
細智4.2%
豺智4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その邸宅は、ヴィレル修道院に第六の采地を寄進したあのソムレル侯ユーゴーによって建てられたものだった。
「女子がなぜに貞操を尊重するか。」こういう疑問を起さねばならぬほど、昔の女は自己の全生活について細緻な反省を下すことを欠いていた。
私の貞操観 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
貴方などは、才智れ、高潔ではあり、高尚感情吸込まれたですが、實際生活るやれて病氣になつてはれたです。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
とゴルドンは手をふって、「才知胆力と正義は、富士男君を第一におすべきだ」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
わし達がむ迄は、何の気振も見えず、この部屋の灯影に姿が見えた彼奴だ。——差しずめ、一刻も早く、手配をするのが肝要じゃ。まず斎地どのへらせに行け。岡村へも、野坂へも。
夕顔の門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
郷左衛門の細智に感服しながら、玉枝も、一同の後にいて、そこから細い山道づたいに、谷一つ彼方の如意ヶ岳へはいって行った。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
董卓、仲穎隴西臨洮(甘粛省岷県)の生れである。身長八尺、腰の太さ十囲という。肉脂豊重、眼細く、豺智の光り針がごとく人を刺す。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)