“雜言”の読み方と例文
新字:雑言
読み方割合
ざふごん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等平生でもさうであるのに幾分でも興奮してるので、各自からくにへぬ雜言された。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
め命が大事と思はば村井が門も通るなと雜言にもしける程に追々全治病人迄も皆轉藥をなし一人
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
まして今は將軍家のおそばに召されて、若狹の局とも名乘る身に、一應の會釋もせで無禮の雜言は、鎌倉武士といふにも似ぬ、さりとは作法をわきまへぬ者なう。
修禅寺物語 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)