“長柄:ながら” の例文
“長柄:ながら”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治2
坂口安吾1
岡本かの子1
岡本綺堂1
林不忘1
“長柄:ながら”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 経済学・経済思想14.3%
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
渡辺党の発祥地はっしょうち、渡辺橋のほとりから、昼うららな下を、長柄ながらの浜の船着きの方へ行く二人づれがそれで。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここら奥の谿河たにがわだけれど、ずっと川下かわしもで、東海道の大井川おおいがわよりかいという、長柄ながら川の鉄橋な、お前様。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
追い風だった。舟は難波なにわ(大阪)の平沙へいさや芦やまばら屋根を横に見つつ、まだひるまえも早目に、長柄ながらの河口に着いていた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はからずも、彼が長柄ながら埠頭ふとうで知った風説と、それは符節ふせつが合っている。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は十七八年前、五十五歳のときに家族と長柄ながら川のそばに住んで居たことがあつた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)