“金言”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんげん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金言”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
是れはドウモ金言きんげんだと思い、始終忘れぬようにしてひとりこのおしえを守り、ソコデ誰が何といっめてれても、ただ表面うわべほどよく受けて心の中には決して喜ばぬ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)