“豆粉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きなこ66.7%
まめこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでもしいおつぎはしながら茗荷佛壇へた。それから拗切つた豆粉ランプのかれた。與吉座敷つてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
これを、おかしなものの異名だなぞと思われては困る。確かに、豆粉をまぶした餅である。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
同 豆粉麺麭 八・六〇 二七・二〇 四・四〇 五六・九〇 三・一〇 —
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)