“藍地”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいじ80.0%
あゐぢ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“藍地”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
十九ばかりの品のあるお嬢さんが、しっとり寂しいほど、着痩きやせのした、しまお召に、ゆうぜんの襲着かさねぎして、藍地あいじ糸錦の丸帯。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
中には若い女の太股のあたりから下の立ち姿、——草葡萄くさぶどうのくすんだ藍地あいじに太い黒の格子こうしが入ったそれは非常に地味な着物であったが、膝頭ひざがしらのあたりから軽く自然に裾をさばいて
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
藍地あゐぢこん立絞たてしぼり浴衣ゆかたたゞ一重ひとへいとばかりのくれなゐせず素膚すはだた。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)