“荒濤”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あらなみ66.7%
くわうたう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“荒濤”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
紀州灘きしゅうなだ荒濤あらなみおにじょう巉巌ざんがんにぶつかって微塵みじんに砕けて散る処
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
がしかしそのつど大勇猛心と海のように広い度量とで易々やすやす荒濤あらなみしのいで行った。
開運の鼓 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
おもひみる天風北溟ほくめい荒濤くわうたうを蹴り、加賀の白山をちてへらず、雪のひづめの黒駒や、乗鞍ヶ嶽駒ヶ嶽をかすめて
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)