“茅蜩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひぐらし62.5%
かなかな37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小禽のえるやうなもそれに交る。そのなかから、ひと色、かなかなかな、——茅蜩のこゑ。……真冬の雪の夜に、はてな、それは雪を透して、脳の芯に、もみをいれるほどにつんと澄んで鳴る。
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
森にひびき鳴けるを梅雨早やも茅蜩の声のきざむかと聴く
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
氣色だち神輿練りるゆふぐれは茅蜩のこゑも墓地にとほれり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
気色だち神輿練りるゆふぐれは茅蜩のこゑも墓地にとほれり
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)