“茅蜩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひぐらし62.5%
かなかな37.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茅蜩ひぐらしのこの日啼きそめ山方やまかたやまだゆふあは合歓ねむのふさ花
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
茅蜩ひぐらし合歓ねむの夕花咲きそむる山方やまかたにして気色けしき添ひつつ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
曇り空日暮もよほす雨のまを茅蜩ひぐらしのこゑの立ちきそふめり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
そのなかから、ひと色、かなかなかな、——茅蜩ひぐらしのこゑ。
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
曇り空日暮もよほす雨のまを茅蜩ひぐらしのこゑの立ちきそふめり
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
氣色けしきだち神輿みこし練りるゆふぐれは茅蜩かなかなのこゑも墓地にとほれり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
気色けしきだち神輿みこし練りるゆふぐれは茅蜩かなかなのこゑも墓地にとほれり
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
東山野ひがしさんやこのはじめてきく聲の茅蜩かなかなのこゑは竹にとほれり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
東山野ひがしさんやこのはじめてきく声の茅蜩かなかなのこゑは竹にとほれり
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
いなのめに茅蜩かなかな啼けり子は覚めてすでにききゐつその茅蜩を
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)