“目瞼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まぶた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“目瞼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
プラットフォームで、真黒まっくろに、うようよと多人数に取巻かれた中に、すっくと立って、山が彩る、目瞼まぶたの紅梅。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と言う。紳士を顧みた美しいひとまつげが動いて、目瞼まぶたきっ引緊ひきしまった。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)