“濃霧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のうむ47.1%
こぎり23.5%
ガス17.6%
がす5.9%
こききり5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
樹木いてきながら、らかるさをもげて濃霧かられようとするやうに間斷なくいだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
つくづくと首し見れば、こちごちの濃霧のなびき、渓の森、端山の小襞黒ぐろとまだぶかきに、びようびようと猛ける遠吠、をりからの暁闇を続け射つ速弾の音。
ところが、いままで、濃霧か沼気かと思っていたのが驚いたことに雲のように群れている微細な昆虫だったのです。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
等しからざる苦しみをうけ、みな疲れ、世の濃霧を淨めつゝ第一のの上をめぐれり 二八—三〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)