“沙蚕”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
ごかい75.0%
ごかひ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“沙蚕”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
この汚いどぶのような沼地を掘返しながら折々は沙蚕ごかい取りが手桶ておけを下げて沙蚕を取っている事がある。
〔出典〕日和下駄:一名 東京散策記(新字新仮名)/永井荷風(著)
さて、小出し桶に受取りし餌を摘み取り、糸女、沙蚕ごかい三十筋ばかりと、袋餌数筋を刺す。
〔出典〕大利根の大物釣(新字新仮名)/石井研堂(著)
このきたなどぶのやうな沼地ぬまちを掘返しながら折々をり/\沙蚕ごかひ取りが手桶を下げて沙蚕ごかひを取つてゐる事がある。
〔出典〕水 附渡船(新字旧仮名)/永井荷風(著)