“気迷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きまぐ50.0%
きまよい33.3%
きまよひ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして彼らは必然の大法則に服しているのであって支配者の気迷れに服しているのではないと信じているからこそ、生じ得るものである。
「六万五千の劇通が批評眼といふいものをつたところで、娘の子が羽子板屋の店へ立つて気迷する位なものなるべし」
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)
けられたので、先方道中商売人たゞけに、まさかとつても気迷がするので、今朝ちぎはによくた、にもす、図面をな
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)