“櫛簪”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くしかうがい50.0%
くしかんざし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“櫛簪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
祖母から聞かされた昔ばなしのうちでは、この話はあんまり面白いものではなかつたが、狐でも女狐は、櫛簪くしかうがいなどの裝飾品に目をつけたのが、さもありさうなことのやうに、今となつて思ひ出された。
(旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
「着物どころか櫛簪くしかんざしまでも、ちゃんと御持参になっている。いくら僕が止せと云っても、一向いっこう御取上げにならなかったんだから、——」
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)