“森蔭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もりかげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“森蔭”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小暗こぐら森蔭もりかげに連れ込まれて、あわや狼藉ろうぜきというところへ飛び出したのが僕だった。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それが鬱蒼うっそうたる森蔭もりかげにまでつづいた豊かなしかも寥々りょうりょうたる風景を私は好む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)