“梅擬”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
うめもどき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“梅擬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
冬の庭木としては別に特別なものはないが、梅擬うめもどきの実の朱いのが冬深く風荒んでくるころに、ぼろぼろこぼれるのはいいものである。
〔出典〕冬の庭(新字旧仮名)/室生犀星(著)
床の間の軸につがいの鴛鴦が泳いでいるのは俗だが、その下の方に、梅擬うめもどきかなにかの赤い実のなった小枝の根〆に、水仙の花が薄黄色に咲いている。
〔出典〕(新字新仮名)/豊島与志雄(著)