“桧”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひのき66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“桧”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かしわ、落葉松、ひのきなどの、斧の味を知らぬ大木が幾万本となく繁り合い光を遮っているからである。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
千年も経たかと思われるような、二かかえから三抱えもある、杉やひのきかしの巨木で、あたりは隙なくよろわれていて、空など蒼い帯のようであった。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さおの飛び交うひまに
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)