“拳鬪”の読み方と例文
読み方割合
けんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に一事件出來した、それはでもない、丁度米國拳鬪達人とかいふ乘合せてつたが、にして先生心安からず
左程腕力日本人なら、一拳鬪合ひをせぬか。』と申込んでた。
拳鬪のお眞劍勝負でも申込んでれんかとまで腹立つたのだが。