“憤々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぷんぷん31.8%
ふんぷん31.8%
ぷん/\18.2%
ぶつ/\4.5%
ぶり/\4.5%
ぷりぷり4.5%
むかむか4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
力松は憤々としております。日頃、軽口と男っ振りで、若い女にチヤホヤされる綾吉が、癪にさわってたまらなかったのでしょう。
たまり兼ねて起出した樣子、——火打鐵の音や、荒々しい足音にも、憤々たる怒りはよく判ります。プーンと匂ふ、硫黄附木の匂ひ。
憤々として當り散らしてゐる蔀半四郎に訊ねるわけにも行かず、平次は其儘出雲屋を引揚げる外に工夫も無かつたのです。
ひどい亜米利加嫌ひで、亜米利加のものとさへ言へば、何一つい顔を見せなかつたが、その日も家々の窓からぶら下つた米国の国旗を見ると、すぐ顔を歪めた。そして憤々しての女をふり向いた。
『大きにお世話だよ。』とお大は憤々して、『お氣毒さまだが、松公は此方が見切をつけて縁を切つたんだよ。如彼ひよつとこの一人や二人、欲しけりや何時でも貴方に上げますよ。』
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
顔を見合わしても「帰ッたか」ト云う者もなく、「叔母さんは」ト尋ねても返答をする者もないので、文三が憤々しながらそのままにして行過ぎてしまうと、の方で
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
同志の間には、少しも聯絡がとれていない。何か、ちりぢりばらばらな惰気が感じられて、惣右衛門は憤々した。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)