“憤悶”の読み方と例文
読み方割合
ふんもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蝸牛角立て何の益なし、残念や無念やと癇癪めども食付所なければ、一段の憤悶を増して
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
は次第に世と離れ、人と遠ざかり、憤悶慙恚とによって益々の内なる臆病な自尊心を飼いふとらせる結果になった。人間は誰でも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
けれどそれに憤悶してわれを失う彼でなかったことが倖せであった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)