“幻怪”の読み方と例文
読み方割合
げんくわい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄包車る。そして、この東洋幻怪港町はしつとりした夜靄にもらない。やがてれてふらりとはひりこんだのが、と裏通茶館だつた。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
のほか色々るよしふ。——物語優美幻怪あり。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
オリオンは幻怪
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)